デザイン思考による新規事業開発研修概要

イノベーションを起こそう!と唱えても、具体的にどのようにすれば良いのかは、手法を学ばなければわかりません。本研修では、人間中心の問題解決プロセスである「デザイン思考」の考え方と実際の新商品アイデアを生み出すプロセスを体験的に学ぶプログラムです。

日程 対象人数
概要を知る研修1日間
フィールドワークを実施する研修3日間
最大30名

カリキュラム

  1. 問題発見
    新商品や新規事業のターゲット顧客層となりうる人に深掘りインタビューを実施して、その人が抱えているが、じぶんでは気づいていない潜在的な問題や課題を発見するための情報収集をするフェーズ。いかに質問を工夫し、相手から有用な情報を聴き出すかがポイントです。
  2. 問題設定
    インタビューで収集した事実情報から、イノベーションのアイデアの素になる「気づき=インサイト」をはっきりとさせるフェーズ。ターゲットを一人の特徴的な人物像=ペルソナを設定し、その人物が抱える問題・課題を表面化します。
  3. 創造
    デザイン思考では、できるだけ素早く、低コストでターゲットに新商品を提供してフィードバックをもらうことを推奨しています、ここでは、アイデアを形にした試作品=プロトタイプ作りをするフェーズになります。ありあわせの材料でも良いので、とにかく手軽に早く作って試すというコンセプトがカギとなります。
  4. 改善
    プロトタイプを試してみて、ターゲットからフィードバックを得て、商品やサービスの改善を行います。ここでもできるだけ早く、改善し、フィードバックを得るというサイクルを高速で回すイメージで実施することが求められます。
  5. ローンチ
    新商品やサービスの発売開始に向けた、マーケティング活動を具体的に体験します。ターゲットに有用な情報を連続して提供することで、ファン作りに貢献します。

経営者の皆さま、お気軽にお問合わせください。052-756-00399:00-17:30(土日・祝日除く)

お問い合わせ お気軽にお問合わせください。